スポンサーリンク

【レビュー】見た目ゴミ袋 軽さMAX Zpacks ヘキサミッドタープw/Door

テント寝具(登山)

今回ついに最狂(?)のタープ、Zpacks ヘキサミッドタープの紹介です。

アメリカのガレージブランドで、ウルトラライトハイキング界では超有名なブランドです。

スポンサーリンク

概要

まずは公式サイトより紹介します。

Zpacks 公式サイトより

重量:172 g

※ブルー・オリーブドラブ・ホワイトは172gで

 ほかの色は、厚手のため、214グラム

値段 299$で

厚手の色は349$

 

Hexamid Pocket Tarp w/ Doors
For all you gram weenies cutting tags and planning FKT’s, shave those last few grams off your base weight with the Hexamid Pocket Tarp ; our lightest shaped tar...

実測値の重量です。209グラムでかなり軽量です。

ペグを8本込みでも300グラムで300グラムちょいですね。

家の裏で試し張りしてみました。

色はバーントオレンジです。

DSC_0031

若干奥行きが足りないので、ちゃんと立っていませんが、こんな感じで立ちます。

非自立式なので風には弱いです。実際に使ってみた感想で理由を述べます。

実際に使ってみて

実際に涸沢テント場で使ってみました。

参考記事

初めての涸沢 テント泊登山 1日目

初めてのテント泊 奥穂高岳を目指す 2日目

白いテントは友人のモノです。

初張りだったので、スペースや向きが悪かったのか、風をはらんですぐに倒れました。

涸沢テント場は、ふもとから山頂へ風が吹いているので、入り口は逆側のほうが良いと思います。

次回登山時は、自立式かもう少しよいスペースを選ぶべきですね。

横尾キャンプ場のような平地では全く問題なく、設置できたのでペグが刺さるキャンプ場であれば、

快適に過ごすことができると思います。

ただファミリーキャンプ場に、これを立ててるとかなりの場違い感があるので、注意してください(笑)

こんな人にオススメ

とにかく軽い、タープが欲しい人にはオススメです。

価格もガレージブランドのDCF素材にしては、良心的な価格です。

収納時の大きさもシュラフカバーと同じくらいなので、かなり小さくなります。

一般的なテントよりも収納スペースがかなりコンパクトになるので、重さよりも容量のほうがアドバンテージがあるかもしれません。

まとめ

今回Zpacksのヘキサミッドタープを紹介しました。

お値段そこそこ、超軽量のタープを紹介しました。

設置にコツがいるものの、圧倒的な軽さと仕舞い寸法はほかのテントよりもアドバンテージがあります。

ただし、岩場の北アルプスなどのテント場ではコツがいるので、設置場所を十分に検討したうえで、もっていくべき装備だと思いました。

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました