スポンサーリンク

【レビュー】 チタンカップ760FD シンプルを極める

登山

以前、こちらの記事UL化検討 装備見直し クッカー編で検討していたギア チタンカップ760を

購入しました。

Amazonでは、在庫が途切れ途切れになっており、在庫があるタイミングになかなか出会わず、

いまだ未入手でした。

先日、ついに手に入れることができました。

今まで使っていたクッカー【レビュー】オールインワンクッカー? エバニュー パスタもチタンクッカーS

こちらは、2022年からモデル名が変更になったようです。Ti Pasta pot 750 品番ECA547 だそうです。

スポンサーリンク

チタン カップ760FD REDの概要

EVERNEW公式サイトより

品番: EBY270R 価格: 3,850 円(税込) 海外ユーザーの「大きなマグが欲しい」という要望をもとに生まれた製品。
色々な用途に対応。

サイズ:径9.9×高さ11cm / 容量760ml
素材:チタニウム(取っ手部シリコンチューブ付き)
質量:69g

エバニュー公式オンラインショップ / チタン カップ760FD RED

蓋がないので、通常の蓋付きのクッカーよりも沸騰に時間がかかりそうですが、

後述する通り、ジャストフィットの蓋が他社から販売されているので、そちらを使う予定です。

EVERNEWのクッカーによくあるタイベック製のクッカーケースは付属しないので、注意が必要です。

こんな感じのポリ袋に包まれて送られてきました。

また、値段もチタン製にしては良心的ですが、蓋とケースがないのを考えると値段相応かとも思います。

Amazon | エバニュー(EVERNEW) チタン カップ 760FD RED EBY270R | エバニュー(EVERNEW) | コッへル・クッカーセット
エバニュー(EVERNEW) チタン カップ 760FD RED EBY270Rがコッへル・クッカーセットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

良い点

700mlを超える容量で、70グラムを切っている(公式スペック)は、他製品とは一線を画します。

やはり、軽さは正義です。

悪い点

蓋が付属しないことが最大のデメリットです。

単体では、税込み3,850円ですが、TOAKSのリッドLD95税込み1,240円と合わせて、合計5,090円とチタンパスタもクッカーSと同じ程度の値段となります。

TOAKSのリッドは、カタログ値は14グラムです。(チタンカップ760FDと合わせて83グラムとなります。)

チタンパスタもクッカーSは、ケースつき(11グラム)で95グラムとのことです。

スペック上の重さは、ほとんど誤差の範囲内に収まりそうですね。

後は、好みの問題化と思いますが、後述で比較しています。

実際のところ

各部の画像です。

まずは、俯瞰からの直径です。約9.9㎝でカタログ値通りです。

板厚もかなり薄く、EVERNEWのチタンシリーズとおそらく同じような厚さです。

高さは、11センチと公式ではなっていますが、おそらく、内寸のことだと思います。

一応メモリはついていますが、おそらくかなりアバウトだと思います。

また、ハンドル位置は、かなり高めなので重心が上の方になっており、安定性は悪いです。

ただ、ぶっ飛んだ仕様による恩恵はすべて軽量化に向けられているので、760ml容量のクッカーにしては、69グラムというめちゃ軽になっています。

実測は、70グラムでした。誤差+1グラムとなって残念です(笑)

チタンパスタもクッカーSとの比較

外観

チタンパスタもクッカーSとほぼ同等のサイズですが、チタンパスタもクッカーSは、注ぎ口があるのに対し、こちらはありません。

ただ、直径は、760FDのほうがほんの少し大きいです。

ですので、それに従って、10mlだけ容量が大きくなっています。

左チタンパスタもクッカーS 右チタンカップ760FD とチタンパスタもクッカーSの蓋を載せたところ

めちゃくちゃ似ていますが、ハンドル形状と注ぎ口で判別できます。

760FDはチタンカップという名前の通り、本当に寸胴に取っ手が付いただけの割り切った仕様です。

また、チタンパスタもクッカーSはハンドルが下部まで長いので、バーナーの熱が伝わってしまい、熱くなりますが、760FDは、そこから6㎝~7㎝離れているので、熱くならないことを期待します。

蓋は互換性がないので、注意が必要です。

重量比較

重量ですが、蓋つきと蓋なしなので、蓋ありの状態で計測します。

まずは、チタンパスタもクッカーSです。

実測値92グラムです。

700mlを超えるクッカーでは軽量といえます。

次に、TOAKSのリッドを装着したうえでの、チタンカップ760FDを計測します。

実測値87グラムです。

本当に若干の軽量化になりました。

スタッキング比較

また、ハンドル位置が上なので、スタッキングするコジーと干渉しません。

手持ちのジップロックスクリューロック473mlのコジーとのスタッキングをしてみました。

若干浮きますね。

ジップロックスクリューロック473mlは、くびれがあるので、ここで引っかかってしまうみたいです。

ジップロックスクリューロック473mlとシンデレラフィットは、Ti570Cupです。

美しいですね。日帰り程度であれば、こちらで問題はないと思います。(ザポッド装着時です。)

チタンパスタもクッカーSだとハンドルと干渉して、こんな感じになります。

ここからは、補足ですが、Tiフーボーのプラ容器を使用した場合は以下のようになります。

こちらは、純正にも採用されている通り、400FDと760FDをスタッキングした状態で、ジャストフィットします。

このようにクッカー2つとコジー1つでぴったりです。

内容物は、BRSバーナーとBicミニライター、カラカト、ウィルドゥのカップ、110缶残8割程度のもので、合わせて400グラムを切っています。

また、最初の画像の通り、チタンパスタもクッカーSとチタンカップ760FDは蓋の互換性がないので、注意が必要です。

蓋はTOAKS 95mmがジャストフィット

いろいろな情報を漁った結果、TOAKSのリッド95mmがジャストフィットとのことでしたので、

さっそく注文しました。

一応、重量計測しておきます。

EVERNEWの400FDの蓋にもなるマルチディッシュもサイズ的にはいけますが、蓋の取っ手がないので、使いにくいです。

チタンパスタもクッカーSとの違いは、パスタの湯切りができるとのことですが、TOAKSのリッドにも穴が開いているので、頑張ればできそうですね。

ただ、登山時にパスタで水切りが必要なメニューは、手間と環境保護の面からオススメ出来ません。

まとめ

ついにスタッキングもできるULを極めたクッカーを手に入れることができました。

もうクッカー沼からは、解放されそうです。

軽くて、安くてシンプルなものをお探しの方は、チタンカップ760FDをオススメします。

また、パスタの湯切りもしたいという方は、チタンパスタもクッカーS(現Ti Pasta Pot750)をオススメします。

また、EVERNEWのクッカー類は、転売ヤーの餌食になりやすいので、在庫があるうちに買っておくと幸せになると思います。

意外と時間がかかりましたが、ジェットボイルに手を出すまではこれで満足できそうです。

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました