スポンサーリンク

【レビュー】ロンググリップがいい レキ シェルパライトXTG

その他道具(登山)

以前から、非自立式テント・タープのためのトレッキングポールを探していました。

老舗メーカーのレキ シェルパライトXTGを選択しました。

購入当時は、軽量で135㎝までの高さがあるトレッキングポールが少なかったので、

こちらにしましたが、今では、下記のガレージブランドのポールも気になっています。

念のため比較資料をまとめました。

皆様の参考になりましたら、幸いです。

スポンサーリンク

概要

収納長さ:68㎝

最大長:135㎝

重さは実測値で502グラムでした。

バスケットについては、外しています。

理由としては、あまり岩場や積雪時に登山をしませんし、

岩場の場合は、そもそもトレッキングポールを使わないためです。

すでに公式サイトからはカタログ落ちしていましたので、

ヨドバシカメラ様から引用します。

ヨドバシカメラ様に画像がありました。

https://www.yodobashi.com/product/100000001005003169/

出典:ヨドバシカメラ

生産国はチェコですね。

品質面は問題ないと思いますが、東欧に工場があるんですね。

てっきりドイツ製かと思いましたが。。

実際の使用感

無積雪の低山登山で使用したところ、通常の登山道で十分に活用できました。

さらにグリップが長いため、頻繁な長さ調節をしなくてもきちんと握ることができました。

また、ガレージブランドのあるあるかとおもいますが、大手登山用品でも修理受付していただけるというメンテナンス面での優位性からレキを選択しました。

ガレージブランドで、きちんと保証条件や修理要件を明示している場合は、その限りではありませんが。

オススメのポイント

エルゴノミックなグリップ形状になっており、

どんな握り方にも対応します。

こんな感じや

こんな感じも

問題ありません。

ストラップの調整は、

ここを押すと、

ストラップが出ていない方が倒れますので、ストラップの長さを調整できるようになります。

今買うなら

カーボン製もいいかなっと思います。

特に重量面での優位性はアルミポールよりもはるかに軽量となります。

レキの三本折のマイクロバリオなども選択肢に入りますが、

UL化を検討するには、ガレージブランドが外せません。

選択肢1

ゴッサマーギア LT5

ゴッサマーギア LT5

重量1本あたり139グラム

最大長さ130㎝

収納長さ:60㎝

 

LT5 Three Piece Carbon Trekking Poles (pair)
Please refer to our retail website for the latest product information.

引用:ゴッサマーギア

選択肢2

ローカスギア CP3

ローカスギア CP3

重量1本あたり155グラム

最大長さ135㎝

収納長さ:65㎝

CP3
CP3 / シーピー3 ロック・システム : Flip Lock / フリップ・ロック 長さ:65cm~135cm 重さ:155 g(1本、バスケットとキャップは含まず) シャフト:100% カーボン・ファイバー、シャフト径 16mm-14mm-12mm グリップ:EVA ストラップ...

引用:ローカスギア

レキのほかのモデルについても、リンク張っておきます。

最軽量のモデルは、マイクロバリオカーボン ブラックシリーズですね。

まとめ

今回ULのギアではありませんが、レキのトレッキングポールを紹介しました。

ガレージブランドよりも入手がしやすく、メンテナンス性も重視した結果となりました。

今後も、折れるまでこちらをテントポール兼用で使用していきます。

テント泊・キャンプでの使用感も今後お伝えできればと思います。

参考記事もあります。

Zpacks シュラフ収納用 Medium Plus Bag

価格破壊の申し子?  【セリアプラスチックダンボールテーブル】 ULギア

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました