スポンサーリンク

【レビュー】 雨の日の手を守る サンダーパスグローブ

登山

以前、低山ハイキングで雨に当たり、手がかじかんで、痛くなりました。

これを防ぐために、モンベルのレイングローブを購入しました。

スポンサーリンク

概要

まずはモンベル公式サイトから引用します。

【素材】ドライテック®3レイヤー [表:50デニール・ナイロン・リップストップ] / (手のひら)合成皮革
【平均重量】34g
【カラー】グレー(GY)、ネイビー(IND)
【サイズ】S、M、L、XL
【生地】薄手/防滴/一枚地
【機能】タッチパネル操作対応

商品紹介文

しなやかな装着感で優れた防風性と透湿性を実現した防滴仕様のグローブです。立体パターンを採用し、指部分の縫い目を平らに仕上げるなど、着け心地のよさも追求しました。トレッキング時の手の保温や保護としてはもちろん、薄手のグローブと組み合わせればオーバーグローブとしても使用でき、一年を通して活躍します。※縫い目に防水処理は施していません。

【モンベル】サンダーパス グローブ Men's
しなやかな装着感で優れた防風性と透湿性を実現した防滴仕様のグローブです。立体パターンを採用し、指部分の縫い目を平らに仕上げるなど、着け心地のよさも追求しました。トレッキング時の手の保温や保護としてはもちろん、薄手のグローブと組み合わせればオーバーグローブとしても使用でき、一年を通して活躍します。※縫い目に防水処理は施し...

選んだ理由

完全防水は不要

この手袋は、縫い目を防水処理していないため、完全防水ではありません。

ただし、同じ生地を使用しているレインウェアもあるため、実用性には不安はないと思います。

ただ、今までの山行で完全防水を求められるような場面に遭遇していないため、お値段も比較的お手頃な本製品に落ち着きました。

今回、グローブのレイヤリング(重ね着)も考慮して、Lサイズを選びました。

詳細画像

左右をつなぐためのバックルがあります。

このバックルはあまり大きくないので、かさばることはありません。

手のひら部分は、合成レザーのような見た目と感触です。

滑ることもないですが、鉄製の鎖などは若干を気を付けたほうが良いかもしれません。

実際

サンダーパスグローブと合わせて、クリマバリアグローブを使用しています。

モンベル公式サイトより

【素材】クリマバリア®[ポリエステル]
【平均重量】74g
【カラー】ブラック(BK)、ブルーグリーン(DKTL)
【サイズ】S、M、L、XL
【生地】厚手/防風/フリース地
【機能】タッチパネル操作対応

抜群の防風性と保温性を備え、ウインタースポーツから寒冷時の野外作業まで幅広く着用できるグローブです。指の形状に合わせた立体構造と、手のひらの縫い目を平らに仕上げることで、しなやかで自然な操作感を実現しています。

【モンベル】クリマバリアグローブ Men's
抜群の防風性と保温性を備え、ウインタースポーツから寒冷時の野外作業まで幅広く着用できるグローブです。指の形状に合わせた立体構造と、手のひらの縫い目を平らに仕上げることで、しなやかで自然な操作感を実現しています。

サンダーパスグローブは、防風性に若干の不安があるため、防風性と保温性の優れたインナーグローブをしようすることで、サイクリングや春秋の登山に対応させようと思っています。

サイクリングに関しては、気温10度以下であれば問題なく使用できました。

LサイズのサンダーパスグローブにMサイズのクリマバリアグローブを入れることができます。

どちらもタッチパネル対応なので、スマホ操作もできます。

合わせて8,000円以下で収まりますし、どちらも単体使用可能なので、グローブのレイヤリングはオススメします。

まとめ

レイングローブの紹介でした。

低山ハイキングでは、ほとんどこの組み合わせで対応できると思います。

また、街中でも使用できるクリマバリアグローブがあれば、サンダーパスグローブの保温性を底上げすることできるので、オススメです。

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました