スポンサーリンク

【レビュー】リッジマウンテンギア ベーシックキャップ 

登山

9月末の予約販売から、2か月待ちに待ったリッジマウンテンギアのベーシックキャップを手に入れることができました。

これで筆者のリッジマウンテンギアの製品は、三つとなりました。

まさに三兄弟となり、これからもドンドン使っていきたいと思います。

参考記事:

リッジマウンテンギア Travel Pouch Plus DCF Hybrid

リッジマウンテンギア Travel Pouch Plus DCF Hybrid

スポンサーリンク

概要

まず概要ですが、一般的なキャップよりも浅めにかぶれると思います。

リッジマウンテンギアの公式サイトより引用

Basic Cap 予約販売 | RIDGE MOUNTAIN GEAR
※現在BASEアプリからですと製品詳細が表示されません。Webブラウザページからの閲覧をよろしくお願いします。

素材 : 本体部分 ナイロン100% 、汗止め部分 ポリエステル100%
サイズ : ワンサイズ
深さ 約17.5cm(平置き時)、ヒサシ長さ 約6cm、頭周り約 59cm(ゴムにより調整可能)
※製品の上がりサイズは±1cm程誤差がある場合がございます。予めご了承くださいませ。
実際に被っていただきますと多少広がります。
重量 : 約39g

値段:7,000円

公式サイトでは、若干の撥水性をうたっています。

今回選んだカラーは、新色のkarekusaです。

薄めのオリーブかカーキのような色です。

被り心地は軽いの一言です。

目深にかぶるよりも浅めに被る方がオシャレかと思います。

ヘルメットの下に着用しても違和感なかったです。

つばが若干短めなのですが、まぶしいこともなくかなり煮詰められた設計のようです。

決め手

これに決めた決め手ですが、頭の大きさをバンジーコードで絞れるところです。

筆者は通常よりも頭が小さいので、通常の調整方法だとブカブカになってしまいますが、

こちらはそのようなことがありません。

バンジーコードで絞れます。

用途

実際の用途としては、夏場の使用だけです。

すでに11月も終わりなので、来シーズンに期待したいと思います。

使うとしても、近場の低山で使ってみたいと思います。

マスクしているとメガネが曇るので、メガネ置きとしてもキャップタイプの帽子は有用です。

まとめ

今回リッジマウンテンギアのベーシックキャップを購入しました。

今度の近場登山で使用してみたいと思います。

冬場は、ウールのニット帽を使用する予定なので、低山専用になると思います。

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました